特養ブログ

学生の実習によるレクリエーション

新涼の候、9月に入り、ひと雨ごとに気温も落ち着いてきておりますが、

皆様は、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、成華園の栄養課ブログ(2021.06.26 更新)でもお伝えしていますが、

特養にも、多数のO.BやO.Gが在籍し、こちらもお世話になっている学校からの実習生が来ています。

 

今回の実習期間は、学校の夏休みを利用して、約1カ月間の予定とのことです。

そこで実習生の各自が、ご利用者向けのレクリエーションを企画してくれました!!

 

 

介護施設でのレクリエーションは、ただ楽しむだけでなく、

 

① 体を動かすことによって、高齢者の心身機能の維持や向上、改善が見込めます。

② 手先を使うことで、脳の活性化につながります。

③ 人とのコミュニケーションの機会を作り、気持ちが前向きになります。

④ 自分にもまだできることがあると、自信を取り戻すことになります。

⑤ グループで行なうことで、認知症の予防や症状の進行を遅らせることができるなど、QOL(=生活の質)を高める重要な活動として、たくさんの効果があります!!

 

当施設の職員(写真左から2番目)が見守る中、まずは、ペットボトルをピンに見立て、安全なゴムボールを使って、ボーリングを行ないました!!

 

かの中山律子さんや須田開代子さんらのボーリングブームを見てこられたご利用者の皆さんは、「おもしろそうなことやってるね!?」と、実習生(写真右から2番目)の周りにたくさん集まってくれました!!

 

いざやってみると、最初は、うまくいきません。。。いや、どーも残念(苦笑)

 

実習生からの励ましとアドバイスを受けて、再チャレンジ!!

 

今度は、どうだ!?

 

やりましたー!! 見事なストライクです!!

 

よーく、ねらいを定めて、

 

こちらも、ハッピーなストライク!!

ボールを投げたご利用者も、ニンマリです!!(笑)

 

その後も、気持ちよく、ストライクを連発されていました!!

 

場所をかえて、こちらでは、マスキングテープを使って、花柄の貼り絵を行ないました!!

とても綺麗に仕上がり、このあと、居室に飾ったりして、

ご利用者がキラりと輝く、いい思い出作りになりました☆彡

 

ご利用者に余暇を楽しませてくれる学生さんの一所懸命な姿を見ると、あらためてレクリエーションは大事なんだなとか、私たち施設の職員も、逆に実習生から学ぶことや得るものが多く、勉強になります!(>_<)!

 

これから福祉の仕事に就こうとされている方、関心のある方、

私たちと「介護を明るく!!」一緒に頑張りましょう!(^^)!