栄養課ブログ

9月21日(月)敬老の日謹んでお慶び申し上げます。

令和2年9月21日敬老の日を迎えられた皆様へ

謹んでお慶び申し上げます。

今年はコロナ渦中にあり今までとは違う新しい日常の中、令和2年の敬老の日を迎えました。

節目となる年齢を迎えられた方だけでなく山あり谷ありを乗り越えて今もなお人生という壮大な旅を続ける先輩方に我々は敬意を払わずにはいられません。

時にはその人生経験から職員に生きるヒントをくださる成華園ご利用者の皆様におかれましても、このコロナ渦の世を逞しく生き敬老の日を迎えられ、ささやかながらお祝いをすることができたことをここに記させていただきたいと思います。

 

おめでたい日のブログということでかしこまった冒頭です。

 

敬老祝いということで栄養課は今日も皆様の笑顔の華のために誠心誠意真心こもった祝い膳を作ります!

なんだかんだ栄養課の人達ってイベント大好きですよね(笑)

気合の入り方が違う。そして無駄にテンションが高い(←1人だけか?!)←誰のことだ??

 

例年ですと、ご家族様が来園され盛大な食事会が催されるのですが残念ながら今年は中止せざるを得ない状況・・・”(-“”-)”

と、いうことで節目の年齢を迎えられたご利用者様には重箱で祝い膳を提供させていただきました。(内容は他利用者様と一緒です)

メニュー

栗ご飯 / 天ぷら盛り合わせ / 煮しめ盛り合わせ / 茶碗蒸し / 金時豆 / なます / すまし汁

 

 

さらに

 

 

 

 

じゃーん!

今年は成華園の看板女将事務長提案のもと、ご利用者様に成華園より敬老祝いのお饅頭を贈呈させていただきました!

(ちなみに今回の冒頭の写真は、敬老会式典参加利用者様用の贈答品です)

 

コロナ渦中のため本来であれば社会全体で長寿のお祝いをする一環で市町村別に贈答品などがいただけるのですが、今年の成華園では理事長並びに事務長から利用者様一人ひとりに「大変な世の中、施設内の生活でも行動制限に協力していただきありがとうございます。これからもずっと長生きしてください!」と紅白まんじゅうを手渡しして施設内を巡りました。

なかにはに涙ぐまれるご利用者様もいらっしゃったり、こんな世の中だからこそ人と人とのつながりの大切さに気付くことができました。(;_;)

 

「大変な時こそ助け合おう」

 

お祝いをしたつもりがまた、利用者様たちに気づかされた今年の敬老会でした。

皆様、本当におめでとうございました。これからも皆様のご多幸をお祈りいたします!